x86 x64 の違いとその理由

Windows の更新プログラムをダウンロードするときに
「x86 パッケージ」「x64 パッケージ」なんて用語を目にすることがあります。

違い

これらはそれぞれ
  • 「x86 パッケージ」: 32 bit版用
  • 「x64 パッケージ」: 64 bit版用
という事を示しています。

理由

それでは、それぞれどういう理由で x86・x64 と付けられているのでしょうか。 64bitがx64であれば、32bitであるx86はx32と表記されるのではないかと考えてしまいがちです。

それにはきちんとした理由がありまして、Yahoo!知恵袋によると…

ベストアンサー 「x86」の「86」は、現在の主流CPUの祖先に当たるインテル16bit CPU「8086」の下2桁「86」です。 「8086」にはじまるCPUのアーキテクチャ(基本設計)を「x86アーキテクチャ」といいます。 Windowsは、x86アーキテクチャのCPUの発展(高性能化)とともに発展してきました。

「x64」は、本来は「x86-64」と表記されるべきなのですが、「x64」と略記されることが多いです。
「x86-64」は、「x86 アーキテクチャ」を 64bit に拡張したものです。

のようなのです。

理由は CPU の歴史によるものなのですね。