飛行機内での電子機器の使用が緩和されたので簡単にまとめた

国土交通省が2014年9月1日に航空機内における電子機器の使用制限を緩和したらしいので調べてみた。


これまで通信用の電波を発さない電子機器でも使用は上空飛行中のみに限られていた。これが、通信用の電波を発さない電子機器(機内モードのスマホ・デジカメを含む)の使用が離着陸時にでも可能になった。

[1] 電子機器から発射される電波に対する航空機の耐性に応じて航空機を区分し、その区分ごとに使用可能な電子機器と時間帯を拡大します。
 ※航空機の耐性の区分により運用が異なりますので、ご搭乗の航空機内で使用可能な電子機器については、各航空会社にお問い合わせ下さい。

[2] 着陸の後、滑走路を離脱し誘導路に入った時注)から、全ての電子機器が使用可能となります。
 注)誘導路がない空港については、着陸の後の滑走が終了し駐機場に向かった時

航空会社や機体によって内容が違うみたいなので各航空会社の情報を確認する必要がある。

#航空会社別の使用可能な電子機器一覧

ざっくりと引用しておく。詳しくは各ページで確認する。

#ANA (使用可能な電子機器)

機内での電子機器の使用について/手荷物について│航空券│ANA国内線 より

電波を発しない状態に設定した

  • 携帯電話(スマートフォン含む)
  • タブレット端末
  • 電子ゲーム機
  • パーソナルコンピューター
  • テレビ受信機
  • ラジオ
  • ポケットベル
  • ビデオカメラ

  • ビデオプレーヤー
  • DVDプレーヤー
  • デジタルカメラ
  • デジタルオーディオ機器
  • 有線式ヘッドホン(電池式)
  • 電子書籍
  • 電子辞書
  • 充電器 など

#JAL (使用可能な電子機器)

JAL – 9月1日以降の電子機器使用に関する規制緩和について より

電波を発しない状態に設定した

  • テレビ
  • ラジオ
  • ポケットベル
  • GPS受信機
  • ビデオカメラ
  • ビデオプレーヤー
  • DVDプレーヤー
  • デジタルカメラ
  • デジタルオーディオ機器
  • 有線かつ電池式ヘッドホン
  • 有線かつ電池式イヤホン
  • ワードプロセッサー
  • 電子手帳、電子辞書
  • プリンター
  • 充電器
  • 愛玩用おもちゃ”電子ペット”(音声または接触に感応してスピーカーおよびモーターが作動するものに限る)

もちろん運航状況により電子機器の使用が制限される可能性もあるし、条件によっては使用可能になる場合もあるので注意。

実際にiPod(classic)で音楽を聴きながら乗ったけど注意されなかった。通信しない電子機器であれば全く問題ないと思う。(ちなみにイヤフォンは有線だった)