PHPのバージョンをダウングレードする方法

概要

うっかり PHP 7.2 をインストールしてしまった為、PHP 7.1 にダウングレードしたい。

環境

  • CentOS 7
  • PHP 7.2 がインストールされている

手順

確認

まず、インストールされている PHP を確認する。

yum list installed | grep php

下記のような一覧が表示されるので、メモしておく。

php.x86_64              7.2.el7.remi     @remi-php72
php-cli.x86_64          7.2.el7.remi     @remi-php72
php-common.x86_64       7.2.el7.remi     @remi-php72
php-devel.x86_64        7.2.el7.remi     @remi-php72
php-fpm.x86_64          7.2.el7.remi     @remi-php72
php-gd.x86_64           7.2.el7.remi     @remi-php72
php-gmp.x86_64          7.2.el7.remi     @remi-php72
php-json.x86_64         7.2.el7.remi     @remi-php72
php-mbstring.x86_64     7.2.el7.remi     @remi-php72
php-mcrypt.x86_64       7.2.el7.remi     @remi-php72
php-mysqlnd.x86_64      7.2.el7.remi     @remi-php72
php-opcache.x86_64      7.2.el7.remi     @remi-php72
php-pdo.x86_64          7.2.el7.remi     @remi-php72
php-xml.x86_64          7.2.el7.remi     @remi-php72

リポジトリを変更

向き先が remi-php72 になっているはずなので、編集する。

vi /etc/yum.repos.d/remi-php72.repo

enabled1だと、デフォルトのレポジトリになるので、0にしておく。
私は remi-php71 の方をデフォルトに変更しておいた。

vi /etc/yum.repos.d/remi-php71.repo

PHP を入れ直す(remove/install)

まずは、インストール済みの PHP をアンインストールする。

先程メモしておいたインストールされている PHP 一覧を使う。
下記のように指定して一括で remove する。

yum remove -y php php-cli php-common php-fpm php-gd php-gmp php-json php-mbstring php-mysqlnd php-opcache php-pdo php-pear php-pecl-igbinary php-pecl-mcrypt php-pecl-memcached php-pecl-msgpack php-process php-xml

アンインストールが終わったところで、次は同じ指定で install を行う。

yum install -y php php-cli php-common php-fpm php-gd php-gmp php-json php-mbstring php-mysqlnd php-opcache php-pdo php-pear php-pecl-igbinary php-pecl-mcrypt php-pecl-memcached php-pecl-msgpack php-process php-xml

レポジトリの指定を remi-php71 にしているので PHP 7.1 系がインストールされる。*.repoファイルを修正せずとも--enablerepo=remi-php71などと指定してインストールする事も可能。