準備

ユーザーの作成

WIP

package.jsonの作成

npm initでpackage.jsonを作成する。

既に存在している場合でも正しい形に直してくれるので、対話式で進めていく。

通常

npm init

スコープモジュール

名前空間を持ったモジュールを公開したいときは下記のような引数を追加して実行する。

npm init --scope=<npmユーザ名>

上記の例だと@<npmユーザ名>/プロジェクト名という形で作成できる。

npm init後にpackage.jsonに下記の項目を追加しておく。

"publishConfig": {
    "access": "public"
}

スコープモジュールとして公開する際にnpm publish --access=publicとする必要があるが、この記述があればその指定が不要になる。

https://docs.npmjs.com/about-scopes


npmでのプロジェクト名は早いもの勝ちで、シンプルなものだと被ってしまいがちだが、そんなプロジェクト名でも名前空間のおかげで被ることなく設定することが出来る。

licenseのデフォルトをMITに変更する

デフォルトではlicenseがISCになっているのをMITにしておきたい。

npm config set init.license MIT

npm公開用のコマンド

npm publish

npm publish

これを実行するとnpmにモジュールが公開される。

npm version

それぞれのコマンドを実行すると、package.jsonのversionに応じて上げてくれ、そのバージョン名でのtagが作られる。

npm version patch
v1.0.1

npm version minor
v1.1.0

npm version major
v2.0.0

プロジェクトによって流れは違うだろうが、こういった流れで管理と公開をするケースもある。

# version up
npm version patch
v1.0.1

# master に push
git push origin master

# tagにpush
git push origin v1.0.1

# push終わったらnpmにpublish
npm publish

その他

他にもあるらしいが、自分は使ったことがないため割愛。

  • premajor
  • preminor
  • prepatch
  • prerelease
  • from-git