[JavaScript] 指定ページのみで発火させるスクリプトの構成

使用する想定状況

EC サイトにおける、商品一覧・商品詳細・カートページでそれぞれ固有の処理を走らせたい。

ただし、商品一覧(item-list.js)・商品詳細(item-detail.js)・カートページ(cart.js)を言ったように各ファイルを用意するのではなく、1 つの index.js に集約してページごとに実行処理を分岐させる。

準備

ページを特定できるよう属性を付与する

各ページに特定できるような属性を付けてスクリプト側から区別できるようにする。(ここでは data-page

<!-- 商品一覧 -->
<body data-page="itemList">
  <!-- イカした一覧ページ -->
</body>
<!-- 商品詳細 -->
<body data-page="itemDetail">
  <!-- イカした詳細ページ -->
</body>
<!-- カート -->
<body data-page="cart">
  <!-- イカしたカートページ -->
</body>

ハンドリングするスクリプト

export default eventLoader = (functions) => {
  fire(functions, "common");

  // ページ名を取得
  const pageName = document.body.dataset.page;
  if (!pageName) return;

  // ページ固有のJSを実行
  fire(functions, pageName);
};

const fire = (functions, pageName) => {
  // ページ名とイベントが一致しているかチェック
  const defaultFunction = "init";
  const hasFunction =
    functions[pageName] &&
    typeof functions[pageName][defaultFunction] === "function";
  if (!hasFunction) return;

  // 一致したdefault eventを実行
  try {
    functions[pageName][defaultFunction]();
  } catch (e) {
    console.error(e);
  }
};

使用方法

eventLoader を読み込む

import eventLoader from "./eventLoader";

import common from "./common";
import itemList from "./item-list";
import itemDetail from "./item-detail";
import cartPage from "./cart";

const functions = {
  // 共通
  common,
  // ページ
  itemList,
  itemDetail,
  cart: cartPage,
};

document.addEventListener("DOMContentLoaded", eventLoader(functions), false);

eventLoaderの引数に渡すObject :

key value
data-pageと一致する名称 data-pageで実行させたいモジュール

実行用モジュール

export default {
  init() {
    // SUGOI SYORI
  },
};

Object内にinit関数を用意する。(Facade な役割)

※こちらは前述のeventLoaderの実装仕様に依るので、そちらの処理を書き換えることで当然クラスを実行するかたちにもできる

大まかな仕様

  1. DOMContentLoaded時にeventLoaderを実行
    1. eventLoaderには各種モジュールを定義したObjectを渡す
  2. eventLoader:
    1. body要素のdata-pageを取得する
    2. data-pageの文字列にマッチしたモジュール内のinit()を実行する