カクうす(HDPX-UTA1.0)を購入したので exFAT フォーマットした

新しい外付けハードディスクが欲しかったので カクうす(HDPX-UTA1.0) 1.0TB を購入。

#カクうす(HDPX-UTA1.0)

#購入モデル

I-O DATA USB 3.0/2.0対応 ポータブルハードディスク「カクうす」1.0TB シルバー HDPX-UTA1.0S
アイ・オー・データ (2014-06-30)
売り上げランキング: 3,965

普段使ってないのだが、I-O DATA の外付けハードディスクが自宅にある。ただこれは、ACアダプターから電源供給するタイプで容量も 320GB とかなり化石(7年前のモデル)なので、小ささと薄さ、静かさに進化を感じる。

#フォーマット

出荷時は、NTFSフォーマットされている。
Windows で使う場合はそのまま使っても良いが、Mac で使用する場合や Windows と Mac で使用する場合などはフォーマットし直す必要がある。

#主なフォーマット形式

NTFS Windows用 / Mac で書き込みができない(読み取り専用)。
4GB以上のファイルも保存できる。
FAT32 Windows と Mac で使用できる。
4GB以上のファイルは保存できない。
古い環境でも対応している。
exFAT Windows と Mac で使用できる。
4GB以上のファイルも保存できる。
古い環境では対応していない。
  NTFS FAT32 exFAT
Windows
(4GB以上は×)

(Vista SP1以降)
Mac
(4GB以上は×)

(説明書参考)

Mac との共有を考えると NTFS でないフォーマット。FAT32 でも良いのだが、4GB以上のファイルの存在を考えると exFAT を選択。(古い環境では使わない)

#フォーマットする

#環境

OS: Windows 7

#方法

  • PCにHDDを接続
  • コンピューターに「HDPX-UTA (カクうすの名称)」が表示されていることを確認
    ファイルシステムは「NTFS」になっている
  • 「HDPX-UTA」で右クリックから[フォーマット(A)]を選択
  • フォーマットを以下のような設定でする
    • ファイルシステムは「exFAT」
    • アロケーション ユニットサイズは「標準のアロケーション サイズ」

特に理由がなければクイックフォーマットでなく通常のフォーマットで。