[iPad/iPhone] リンゴマークから復活させる方法

開発用に使っている iPad がいわゆる「リンゴループ」になってしまった。

各所で対処方法は紹介されているが、確認事項など少々異なっている部分も散見したので、自分でリンゴループから復帰・復活した解決方法を載せておく。

#環境

  • iPad Air 2
  • iOS 8.2

iPad だが、iPhoneでも同じように対処できると思う。

脱獄はしていない

#発生状況

よく見ていなかったが、充電が切れそうになったのでPC経由で充電をしていると、気付いたらリンゴループになっていた。

  • 元々の充電残量は少なかった記憶がある
  • 充電は可能
  • PC接続で認識されない (リンゴループなので)

#充電

充電してもリンゴループから回復しなかった。

充電は以下の方法を試みた。

  • アダプタ経由 (コンセント経由)
  • PC (Mac / Windows) 経由

#再起動

再起動をしても抜け出せない。

#強制的に再起動する方法

Apple のサポート見ると最後の手段として下記の方法が紹介されている。最後の手段らしい。

iPhone、iPad、または iPod touch が反応しなくなった場合に限り、最後の手段として、強制再起動をお試しください。 デバイスを強制的に再起動する場合は、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に、Apple ロゴが表示されるまで 10 秒以上押し続けます。

引用元:『iPhone、iPad、または iPod touch の再起動 – Apple サポート』より

最後の手段を講じても回復しなかった。

#解決方法

色々と調べてみると、「復元」するパターンと「修理」行きパターンがあるらしい。

修理行きは最悪のパターンだが、頭の片隅に置いておき、復元を試みる。

#復元時の注意

復元を実行するとiOSのバージョンは上がってしまう。当該機は、開発用だったのでOSのバージョンは上げたくなかったが、マイナーバージョンアップだったので目をつぶった。

また、データが初期化されてしまうが、PCにバックアップがあれば全く問題ない。当該機は、Macへの接続時に勝手にバックアップされていたみたいで助かった。

#DFUモードに入る方法

以下の手順でDFUモードに入る。
大まかには以下の様な手順である。

  1. 端末の電源を切る
  2. 端末とPCを接続する
  3. 電源ボタンとホームボタンを長押しして強制的に再起動させる(先述の方法)
  4. 10秒間長押した後、電源ボタンのみ離してホームボタンを10秒間押しする

DFUモードに入ると、以下の様なダイアログが表示される。

iTunes は リカバリモードの iPad (iPhone) を見つけました。iTunes でご利用になる前に、この iPad (iPhone) を復元する必要があります。

OK をクリックすると、以下の様なダイアログが表示されるので「復元とアップデート」をクリックする。

#復元とアップデート

お使いの iPad (iPhone) “端末名”を工場出荷時の設定に戻してもよろしいですか?メディアやその他のデータはすべて消去され、最新バージョンの iPad (iPhone) がインストールされます。
復元を Apple に確認します。 このプロセスの完了後、連絡先、カレンダー、SMS/MMS メッセージ、およびその他の設定を復元するかどうかを選択できます。

ダイアログにもあるが、OSが最新バージョンにアップデートされてしまうので注意。
復元の進行具合が表示されるので静観。

#完了

  1. 復元の完了後、再起動が行われる
  2. 再起動後に「新しい iPad (iPhone) へようこそ」という画面が表示される
  3. 「このバックアップから復元」からバックアップを選択しバックアップを開始して完了

#

今回は何とか修理せずにリンゴループから回復する事ができた。
開発機だったので特にバックアップが無くても支障はなかったが、やはり日頃のバックアップの重要性を再認識させられる。

twitterfacebookhatenafacebook