[Wine] macOSでWinMergeを動かす方法

#概要

macOS で Wine を使って、Windows アプリケーションの WinMerge を起動させる。

#環境

  • macOS Sierra 10.12.3

#Wineとは

Wine (ワイン)は、オープンソースの Windows API 実装を通じて、主としてx86アーキテクチャ上のUnix系オペレーティングシステム (OS) においてWindows用アプリケーションをネイティブ動作させることを目標とするプログラム群である。
Wine – Wikipedia

#Wineをインストールする

brew install wine

上記のコマンドで Wine をインストールする。

==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/wine-2.0.sierra.bottle.1.ta
######################################################################## 100.0%
==> Pouring wine-2.0.sierra.bottle.1.tar.gz
==> Using the sandbox
==> Regenerating font cache, this may take a while
==> /usr/local/Cellar/wine/2.0/libexec/bin/fc-cache -frv
==> Caveats
You may want to get winetricks:
  brew install winetricks

By default Wine uses a native Mac driver. To switch to the X11 driver, use
regedit to set the "graphics" key under "HKCUSoftwareWineDrivers" to
"x11" (or use winetricks).

For best results with X11, install the latest version of XQuartz:
  https://xquartz.macosforge.org/
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/wine/2.0: 8,227 files, 580.1MB
~$ wine --version
wine-2.0

これでWineが使える状態になった。

#WinMergeを実行する

#WinMergeをダウンロードする

WinMerge 日本語版 から zip版をダウンロードする。

#Wineで起動する

wine WinMergeU.exe

これで macOS 上で Windowsアプリケーションの WinMerge が実行する事ができる。

macOSで起動したWinMerge

マシンのスペックにもよると思うが、思ったよりももたつきなどは無く、ドラッグアンドドロップでファイルを開いたり、遜色なく使う事ができた。

#日本語フォントが文字化けする場合(□豆腐になる)

#winetricks を使う

winetricks をインストールする。

brew install winetricks

winetricksコマンドでフォントを入れる。

winetricks allfonts
twitterfacebookhatenafacebook