[JavaScript] Objectkey変数使う方法

1 min read

環境・状況

Electron 環境上で Windows なら「Ctrl+B」、macOS 環境なら「Cmd+B」というキー操作を同一のオブジェクトとして定義したい。

  • Windows: Ctrl+B
  • macOS: Cmd+B

方法

const isWindows = process.platform === "win32";
const controlKey = isWindows ? "Ctrl" : "Cmd";

const obj = {
  [`${controlKey}-B`]: {
    // Ctrl+B or Cmd+B
    option: true,
    shift: true,
  },
};

[{${変数名}]とすることでObjectkey名に変数を使うことができる。

Electron 環境であったのは OS の切り替えという理由だけであるので、通常の JavaScript 実行環境でもモダン環境であれば同様の実装方法で実現可能である。

このページをシェアする

Related Articles

[ESLint] 特定のimportにおいてパスの末尾スラッシュを禁止する方法

背景 / やりたいこと / @typescript-eslint/no-restricted-imports を利用した / 余談(末尾のスラッシュ自体を禁止にする)

`<input type="range">`のstepを可変にする方法

仕様 / 完成デモ / 実装 / 参考

[Vite] CSSだけをビルドする方法

背景 / Vite をインストール / 仕様

CSS in JSとは何か

想定読者 / そもそも JS フレームワーク(React、Vue.js)を採用する理由とは何か / 「命令的 UI」 と 「宣言的 UI」 / 「命令的 UI」 VS 「宣言的 UI」 / CSS in JS とは / CSS in JS ライブラリ / Emotion の使い方 / 利用するメリット / 利用するデメリット / 関連 / Footnotes

[CSS in JS] 外部のリセットCSSを使う方法

目的 / 課題 / おまけ