引越し比較サイトは必要かどうか

引っ越しに際して、噂の引っ越し比較サイト「引越し侍」を使ったので覚書。

この手のサイトは向き不向きがあると思う。良し悪しと言うよりは、どういう点が良かったか・悪かったかを書いておく。

#入力フォームが1つで済む

沢山見積もりをする場合、5社なら5サイトの入力フォームに入力しなければならない。それが比較サイトの1つで済む。
もちろんだが、個々の会社でフォームが全く違う。記入情報の方向性は同じなのだが、書き足さなければならなかったり、逆に入力できない場合もある。また、入力フォーマット(全角・半角/ひらがな・カタカナなど)が微妙に違ったりするとかなり大変なのが、1つで済むのは利点である。

#業者によって初期対応が異なる

登録後、比較サイトやエントリーされた業者からメールが届く。

当然と言えば当然なのだが、ここから業者によって対応が違う。電話をたくさん掛けてくる業者もあれば、客からのレスポンス待ちの業者もある。

複数業者に自動的に一括登録されても、業者間で初期対応が違うと取りまとめるのが大変ではあった。

#訪問見積り

運び出す荷物でガラステーブルなど「どう運ぶのか」「(手持ちのそれは)運べるのか」を直で見て確認して欲しかったので訪問見積り希望だった。

この場合だと、訪問見積りをしてもらうように連絡をする必要があった。
それなら初めから各業者に問い合わせた方が早かった。

そもそも、訪問見積もりを希望しているなら引越し比較サイトから登録するべきではないのかもしれないが…

#特定の業者を絞っている場合

最近引っ越しをした人の情報から業者を絞っていた。ただ、「比較サイトから登録した方が楽」と「ものは試し」という理由から比較サイトを利用してみたのだが、結果的には業者のサイトから直接登録をした方が良かった。業者によって初期対応が違うので結局連絡をこちらから入れたりと比較サイトを利用しないとのさほど変わらなかったようにも思える。
また篩から落ちた業者へお断りの連絡をするのも手間である。(業者もそういう客には慣れているだろうし、無視してもOKだとは思うが社会人としてきちんと連絡はしよう)

#

急ぎの引っ越しではなくて、色々な業者と比較して吟味したい場合は、比較サイトから一括で登録した方が楽かもしれない。

結果的にわかったのだが、比較サイトは私には必要なかったのではないかと思う。
私のようにある程度、業者を絞っているのであれば、個々の業者に直接連絡を入れるのがベストだと思う。

twitterfacebookhatenafacebook