[JavaScript] 日付フォーマットyyyy/mm/ddする方法

2 min read

背景

moment.js や date-fns を使っていたが、単純な日付のフォーマット変換に関して、巨大なライブラリを必要としないので自前で実装をする。

結果として、少なくとも 10KB ほどあったサイズが数バイトで済んだ。

実装

仕様

  • yyyy/mm/dd形式の文字列で変換する関数
  • 引数は日付相当の文字列
  • 変換できない場合は空文字を返却

コード

const formatDate = (strDate) => {
  let date = "";

  // convert: string -> date
  try {
    if (typeof strDate === "string") {
      date = new Date(strDate).toISOString();
    }
  } catch (e) {
    console.log(e);
  }

  // format: yyy/mm/dd
  if (date) {
    date = date.split("T")[0].replace(/-/g, "/");
  }

  return date;
};

Related Articles

`<input type="range">`のstepを可変にする方法

仕様 / 完成デモ / 実装 / 参考

CSS in JSとは何か

想定読者 / そもそも JS フレームワーク(React、Vue.js)を採用する理由とは何か / 「命令的 UI」 と 「宣言的 UI」 / 「命令的 UI」 VS 「宣言的 UI」 / CSS in JS とは / CSS in JS ライブラリ / Emotion の使い方 / 利用するメリット / 利用するデメリット / 関連 / <h2 id="footnote-label" class="sr-only">Footnotes

[CSS in JS] 外部のリセットCSSを使う方法

目的 / 課題 / おまけ

竈門炭治郎をCSS Paint APIで再現する

概要 / 完成品 / 実装方法 / 〆 / 参考

BudouXでOGP画像のテキストを読みやすくしてみた

背景 / BudouX とは / 方法 / 改善結果 / おわりに