「Windows 10 Technical Preview」をVirtualBoxにインストールしてみた所感

米国時間の10月1日に公開されたWindows 10 Technical Preview。
さすがに実機にインストールするわけにはいかないので、VirtualBoxを使ってインストールした。


Windows 10 Technical Preview

#環境

  • Windows 8.1
  • VirtualBox 4.3.12

#手順

簡単にメモする(抜けがあるかもしれない)。

#Windows 10 Technical Previewをダウンロード

以下の道筋でイメージのダウンロードページまで行く。

  1. Windows Technical Previewへアクセス。[今すぐ開始] をクリック。
  2. Windows Insider Program へ着く。[Join now] をクリック、Microsoftアカウントでサインイン。
    利用規約画面が表示されるので、内容を確認して [I Accept]。
  3. Windows Technical Preview のダウンロードページが表示される。

とりあえず、英語 64 ビット (x64)をダウンロードした。(残念ながら日本語は今のところない)
イメージのファイル名はこんな感じ。

WindowsTechnicalPreview-x64-EN-US.iso

#VirtualBoxにインストールする

  • VirtualBoxを起動して[新規(N)]ボタンをクリック
    • 仮想マシンの作成
      • 名前とオペレーティングシステム
        • 名前: 任意 (例:Windows 10 TP)
        • タイプ: [Microsoft Windows]
        • バージョン: [Windows 8.1 (64bit)]
      • メモリーサイズ
        • 2048MB
      • ハードドライブ
        • 仮想ハードドライブを作成する
      • ハードドライブのファイルタイプ
        • VDI(VirtualBox Disk Image)
      • 物理ハードドライブにあるストレージ
        • 可変サイズ
      • ファイルの場所とサイズ
        • 初期値(サイズは25.00GBにした)
  • 作ったマシンを選択して[起動(T)]ボタンをクリック
    • 起動ハードディスクを選択
      • ダウンロードした WindowsTechnicalPreview-x64-EN-US.iso を指定
      • [起動]
  • Windows Setup
    • Time and currency format: Japanese (Japan)
    • Keyboard or input method: Microsoft IME
    • Keyboard Type: Japanese Keyboard (106/109 Key)
    • [Install now]
      • License terms
        • I accept the license terms
      • Which type of installation do you want?
        • Custom: Install Windows only (advanced)
        • ハードディスクはそのまま[Next]

あとはMicrosoftアカウントの設定とかOne Driveどうするかの設定がある。
これらの設定が完了すると、

You can get new apps from the Store

って表示が前面にでてくるので、待っているとデスクトップ画面が表示されて完了。

日本語のアプリケーションなども問題なくインストールして起動することができた。言語が英語だけれど、試してみる分には全く支障はない。

#感想

よくWindows 10の新機能で挙げられている以下の機能は簡単に試してみた。

  • スタートメニューの復活
  • 仮想デスクトップ
  • 画面分割表示の強化

詳しくは「【特別企画】「PCでの使い勝手は大幅に改善」、Windows 10ファーストインプレッション (企業にとってはWindows 10は使いやすそう?) – クラウド Watch」あたりを見る方が分かりやすいかも。(触ってない人は)


感想としては、「Windows 8をよりよくした」といった印象。「Windows 8のあるべき姿」を体現したというか、これが本来の「Windows 8」ではないかと思った。
そもそも、「ウィンドウズ」なのに「Modern UI(メトロ)」が前面に出てくるって…、それは「モーダンズ」じゃないか。

まず、Windows 8/8.1の感想を述べておくと、酷評されているほど悪くはない。ショートカットキーやランチャーを普段から使う自分にとってスタートメニューの有無やメトロUIなどはさほど問題ではなかった。Windows としては色々と痒い所に手が届くので嫌いではない(起動も早いし)。ただ、BIOSとかHyper-Vとか、開発する時に設定するときに色々とアレな部分が多くてトータルするとクソかなと思ったりもしている。

Windows 10、より良くなっているが、Windows 8/8.1の次のバージョンには違いないので、やっぱり Windows 7/XP ユーザはなかなか簡単には受け入れられないのではないかとも思ってしまう。とはいえ、従来の Windowsらしさを取り戻した感じはかなりある。Windows 8/8.1 ほど癖はないので、Windows Vista/7 ユーザは Windows 10 に移行した方がストレスは少なさそう。

まだまだ目新しい機能はないので、今後のリリースに期待することにする。
Windows 8/8.1でフォントレンダリングがほんの少しマシになったので、この調子でフォントレンダリングにも力を入れてほしい。