OpenGraphで重複したタグはTwitter Cardsで併記しなくても良い

概要

Twitter Cardsタグは、Open Graphプロトコルと同じ規則に基づいているため、Open Graphを使用している場合は、Twitter Cardsタグを重複させなくても良い。

Twitter Cardsプロセッサは、ページ上のタグを探す際、まずTwitter Cardsのプロパティをチェックし、存在しなければ対応しているOpen Graphプロパティをチェックする。これにより重複したマークアップを最小限に抑えることができる。

書き方

公式リファレンスによると、下記のような形で書いても問題ない。

<meta name="twitter:card" content="summary" />
<meta name="twitter:site" content="@nytimesbits" />
<meta name="twitter:creator" content="@nickbilton" />
<meta property="og:url" content="http://bits.blogs.nytimes.com/2011/12/08/a-twitter-for-my-sister/" />
<meta property="og:title" content="A Twitter for My Sister" />
<meta property="og:description" content="In the early days, Twitter grew so quickly that it was almost impossible to add new features because engineers spent their time trying to keep the rocket ship from stalling." />
<meta property="og:image" content="http://graphics8.nytimes.com/images/2011/12/08/technology/bits-newtwitter/bits-newtwitter-tmagArticle.jpg" />

対応表

Twitter Cards OpenGraph
twitter:description og:description
twitter:title og:title
twitter:image og:image

参考