[HTML] meta keywords の記述は SEO として不要

2020 年も<meta name="keywords">を散見する 1 年であった。

meta keywords とは

下記のような要素を<head>要素内に記述する。

<meta name="keywords" content="メタタグ, keywords, seo" />

nameにはkeywordscontentに単語(キーワード)をカンマ区切りで列挙する。

meta keywords と SEO との関係性

以前は SEO として効果があった。

しかしながら、ブラックハット SEO での乱用の影響で現在は Google 検索から評価されることはなくなった。2009 年 9 月には、「Google は、ウェブ検索ランキングで”keywords”メタタグを使用していません」と公式的に声明を出している。

At least for Google’s web search results currently (September 2009), the answer is no. Google doesn’t use the “keywords” meta tag in our web search ranking. This video explains more, or see the questions below.

Google does not use the keywords meta tag in web ranking


Special tags that Google understands | Google 検索セントラルにサポートしているメタタグの一覧があるが、「すべてではない」と但し書きがあるものの <meta name="keywords"> の記載はない。

meta keywords を記述したままで良いのか

ブラックハット SEO での乱用された背景があるが、Google は「検索ランキングで使用していない」と言っているだけなので記述していても問題ないと思われる(記述のありなしで評価が変わることはなさそう)。ただし、Google が <meta name="keywords"> の記述をブラックハットの判定として使用している可能性は否定できない。そのため、意味のない記述はせず、記述しているのであれば削除しておいた方が無難だと思われる。

まとめ

記述するのは自由。<meta name="keywords">の内容をサポートするアプリケーション、新進気鋭の検索エンジンはあるかもしれない。

ただ、Google 検索における SEO としては keywords を記述するのは全くもって無意味だという事が公式で出されている。また、HTML のサイズも無駄である。SEO をしたいのであれば、<meta name="keywords">を使うのではなく heading 要素や本文中の keywords を上手く検索エンジンに拾ってもらうコンテンツ作りが必要だろう。